Facile, rapide et gratuit

Créez votre site maintenant

Je crée mon site

faepraiper

早漏の原因はなんなのか?

脳でイクことも、脳で止めることも可能です。

早漏の原因から見つめていくと早漏を克服するコツがわかってきます。
ほとんどの人が早漏は自分の神経が過敏すぎる、ナニが原因と考えています。
しかし、実は早漏巨人倍増の原因は脳にあるのです。
脳?
と思う人もいるかもしれませんが、本来射精は脳が気持ちいいと判断しないと射精しません。。
射精のコントロールをするのは脳(交感神経)であり、当然気持ちが良い、自分の絶頂を感じるのも脳なのです。
ですので自分自身で自慰行為をして早漏が治ってても、いざ本番となると改善しないというのはこれらのことが理由です。
また過去早漏から今では克服した経験から言わせてもらうと、
脳でイクことも、脳で止めることも可能です。
つまり自分自身の脳からの伝達をどのようにするかが重要となります。

また良く間違う人が多いのですがPC筋(オシッコを我慢するときに使う筋肉)を鍛えるという方法は間違いです。
PC筋を鍛えるという三便宝早漏克服法はほぼ使えません。
強引にPC筋で射精をコントロールする方法は危険性もあり、下手すると尿道や生殖機能を損傷する場合もあります。

前述しましたが、射精をコントロールしてるのは脳であり、これが早漏の原因です。
そしてこれと関係するのが呼吸です。
実際治した立場だから言えるのですが正しい呼吸法に変えると確実に大きく早漏を改善することができます。
これらを改善しなければいけません。

早漏克服するには?

早漏克服するには?
早漏を克服するには射精のコントロールが重要です。
射精コントロールとは好きな時に我慢、射精ができることであり、遅漏とは違います。
女性が感じるときはガンガン突き相手を責めることもできますし、
女性が疲れてる時と感じれば自分で終了することができることです。
ほとんどの人がシアリス 早漏を改善するには遅漏になればいいと思うのですが、意外と女性はダラダラされることを好みません。
テクニックが備わってないのに遅漏では女性は疲れるだけですし、これはこれで女性は満足しません。
早漏も早漏でシラけるのですが遅漏も相手が気持ち良くないのか?と気を遣ったり、まだ終わらないの?的な空気が流れてシラけたりしてしまうのです。
つまり早漏改善=遅漏ではないのです。
下記の動画にもありますが、男優さんの大半は早漏、それをどうやってコントロールするかが重要となります
早漏を克服するためには射精を自分でコントロールできるようになることが重要です。